不動産売却の前に相場をチェックしておく

気になる不動産売却の相場とは?自分の持っている不動産って一体いくらで売れるの? - 不動産売却の前に相場をチェックしておく

更新情報

不動産売却サイト

アーカイブ

不動産売却の前に相場をチェックしておく

不動産売却を考えている方の多くは、不動産関連の情報を全く知らない素人であるケースが多いです。
この業界には、素人では把握しきれないほどの数々のルールがあたり、ノウハウが必要ですから、専門家の手を借りなければ、なかなか上手くいかないものです。

不動産の売却をしたいと思ったら、まずは一番最初に自身が売却したいと思っている不動産の相場価格を調べるのが先決です。
その数値を元にして、保有している不動産の価値を知ることが出来ますし、販売価格を決める指針にもなります。

大きく分けて4つの方法がある

erehts
売却したい不動産の価値を知りたい場合には、大きく4つの方法があると言われています。
正直、取引事例や価格情報といったものは、そんなに簡単に入手出来る情報ではないというのを前提に覚えておきましょう。

ただ、リサーチが一切出来ないかといえば、そうでもないのです。
これは物件と言っても、土地の価格相場を調べる方法です。
一つは、不動産情報サイトを利用してリサーチする方法。

そして国土交通省に存在する、土地総合情報システムというものがあるので、それを利用し、公示価格や取引価格といったものをリサーチする方法です。
この2つは、そこまで詳しい情報ではなく、大体といった簡易的な情報になります。

残りはより詳細にリサーチした場合です。
一つは実際に不動産仲介業者に査定をしてもらうという方法です。
この場合の注意点としては、復数の業者に不動産査定をしてもらうということです。

他にも国税庁のホームページに設置されている路線価という相続税や固定資産税の算出のために作られた1平方メートル辺りの評価額を公表しているものを参考にする方法です。

所有している不動産によって相場リサーチ法は様々

前述の4つの方法は、スタンダードな土地の相場価格のりサーチ方法になります。
それでは、土地のそれ以外の不動産の価格相場はどうやってリサーチするのでしょうか。

まず新築マンションの価格相場をリサーチする場合です。
これは、個人レベルであれば、インターネット広告でリサーチするくらいしか方法がありません。
具体的には、自身の保有している新築マンションの持っている条件と似ている物件をリサーチし、実際に売り出されている価格を参考にするのです。

より詳細にリサーチしたいというのであれば、やはり復数の不動産仲介業者に査定を依頼する方法くらいしかありません。

新築ではなく、中古マンションになると、実際の取引価格情報が提供されているレインズを利用する。
国土交通省が行っている不動産購入者へのアンケート調査データを参考にするといった方法もあります。

最後に一戸建ての場合です。
これも新築などであれば、自身が保有している物件と条件が似ている現在進行形で販売されている物件の売り出し価格をインターネット広告などでリサーチする方法。
他にも、中古マンションと同じく、レインズを使って過去の取引情報から相場を把握する方法がベターです。

相場をチェックしておかないと…

yjtdjytd
売却前に相場価格をチェックしておかないと、不動産仲介業者の言いなりになるしかありません。
全ての業者が良心的であればいいのですが、中には自社の利益しか考えていない悪質業者も存在しています。

売却した後で相場価格よりもかなり低価格で販売したことを知り、契約解除をしたいといっても後の祭りです。
不動産は高い買い物ですから、買う時はもちろん、売却する時でも慎重さが必要なのです。